月額250円のミニバードに乗り換えたので3年半お世話になったラクサバは解約したよ

rakusaba-logo
レンタルサーバをミニバードに乗り換えた結果、長い間お世話になってきたラクサバとの契約は、ついに不要になった。

ミニバードのお試し期間が終わる直前に本契約をしてみた

そんなことをこれっぽっちも知らないラクサバから…、

スポンサーリンク

いつものように契約更新のお知らせが来たw


サーバ契約の有効期限が切れる約1カ月前に「今の契約を延長しませんか」的なメールが届いた。

契約を延長するにしても、今回のように解約するにしても、こうして余裕をもって知らせてくれるのは、親切っちゃぁ親切だわな。

ラクサバのコンパネにログインする


ラクサバの解約手続きは「コントロールパネル」に「ログイン」して行なうよ。

左下の「解約」をクリックする

一番下の「サーバー解約へ」をクリックする


念のため「注意事項」も熟読しとこう。

ちなみに「(サーバの)解約」と「(アカウントの)退会」は別々の手続きで、すべてのサーバを解約してからじゃないと退会できない仕組みになってるみたいね。

今回は解約のみ行なうよ。

「解約申請(確認)」をクリックする

最後に「解約申請(確定)」をクリックする

解約申請が完了する

解約申請完了のお知らせが来る

正確な解約日を確認する


解約申請が完了したら、再度ラクサバのコントロールパネルの解約メニューを開こう。「ステータス」に書いてある「解約日」が「有効期限」の翌日になってればオーケーだよ。

解約完了メールが届く


有効期限の翌日、つまり解約日になると、ラクサバから「サーバー解約のご案内」というタイトルのメールが届き、サーバーの解約が完了したことを確認できる。

面倒臭ければ放置でオーケー?


ラクサバのルールでは、支払いをせずに有効期限を過ぎても「料金未払い」になるだけで、勝手に課金されることはない。

ならば、契約を更新しないで放置すれば、有効期限の46日後に自動解約してくれるのかな? と思ったんだけど、調べてみたらそうじゃないっぽいね。

ラクサバの「よくある質問」には、有効期限後の支払い猶予期間中に解約手続きを行なえると書いてある。

ということは、裏を返せば、料金未払いの状態を放置しても、解約手続きを完了させるまでは自動的に解約されることはない、とも読める。

まぁいずれにしても、こういう契約事は、やれるときにちゃんとやっといた方が後々困らないと思うので、今のうちに解約しとこーっと。

その後、ラクサバを退会しました〜。

1281日お世話になったラクサバをとうとう退会したよ

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!