mineoのままでau版Xperiaからドコモ版iPhoneに乗り換える流れ

mineo-wa
今、mineoのauプラン デュアルタイプを契約中で、au版Xperia UL SOL22を使ってる人が、mineoから転出せずに機種だけ買い替えて、ドコモ版iPhone SEに乗り換える流れをざっくりまとめとくね。

スポンサーリンク

iPhone SEを購入する

ドコモ版iPhone SE 16GB シルバーの未使用品をじゃんぱらで買った。支払った金額は合計4万3880円。これは本体+税+送料+コンビニ決済手数料の合計な。

仮にこの先24カ月間、iPhone SEを使い続けたとすると、1カ月あたりの負担金額は4万3880円÷24カ月=約1828円という計算になる。ひと月2000円以下の負担ならまずまずかな?

依頼を受けて探してるiPhone SEの白ロム価格をまとめとくわ

iPhoneを買うタイミングは好きなときで構わない。出物があったら買おう。

LINEの移行準備をする

XperiaのようなAndroidスマホからiPhoneに乗り換える場合は、残念ながらLINEのトーク履歴は引き継げない。

後でトーク履歴が必要になりそうな場合は、AndroidのLINEから、友だちごとにトーク履歴をテキスト形式で自分のパソコンなどにメールで送信し、大切に保存しとこう。

引き継げないもの
  • トーク履歴
  • LINEゲームコイン
引き継げるもの
  • 友だちやプロフィール、参加グループのデータ
  • 購入したスタンプ
  • アルバムやKeepに保存したデータ
  • トークの通知ON/OFF設定
  • 友だちのブロック設定

LINEのアカウントを引き継ぐ方法は、公式ブログを見ながらやろう。

【2016年最新版】 LINEのアカウントを引き継ぐ方法

移行準備は必ず機種変更前にやろう。つまりiPhoneでLINEが使えるようになる前に、Xperiaでやっとく必要があるよ。

逆に言うと、購入したiPhoneがまだ手元に届いてなくて、Xperiaしか手元にない状態でも、LINEの移行準備はできるってことですな。

mineoのプランとSIMカードサイズを変更する

今回は「auプラン」から「ドコモプラン」に変更するので「プラン変更」という手続きが必要となる。

さらに、microSIMカードスロット搭載のXperia UL SOL22から、nanoSIMカードスロット搭載のiPhone SEに乗り換えるので、合わせてSIMカードサイズの変更手続きも必要になる。

これら2種類の手続きは、mineoのマイページから、一連の手続きの中で同時に行なえるよ。

プランとSIMカードサイズの変更方法

mineoの「マイページ」にログインする。

「プラン変更(Aプラン⇔Dプラン)」をクリックする。

「ドコモプラン」にチェックが付いてることを確認する。

「デュアルタイプ」にチェックを付ける。

パケット容量の「コース」を選択する。選択の余地がなければそのままでオーケー。

「通話定額」オプションはお好みでどうぞ。

「SIMカードのみ、端末を購入しない」にチェックを付ける。

「次へ進む」をクリックする。

「nanoSIM」を選択する。

「次へ進む」をクリックする。

後は画面の指示に従い、手続きを完了させる。

手数料は1種類で済む

SIMカードサイズを変更する場合は「SIMカードの再発行」という手続きを行なう必要がある。

今回のようにプラン変更と同時にSIMカードサイズを変更する場合は、前述の通り、プラン変更手続きの中でSIMカードの再発行手続きも行なえる。

本来であれば、プラン変更とSIMカードの再発行の手数料はそれぞれ2160円ずつかかるんだけど、今回のように、プラン変更と同時にSIMカードサイズを変更する場合は、手数料はプラン変更分の2160円のみで済むよ。

電話はできるがパケット通信はしばらく使えない

今回のように、auプラン デュアルタイプを契約中の人が、電話番号はそのままでプランを変更する場合は、プラン変更の申込受付が完了した時点ですぐさま、auプランでのパケット通信は利用できなくなる。つまり移動中にネットが使えない。音声通話とSMSは継続して利用できる。

プラン変更(auプラン(Aプラン)→ドコモプラン(Dプラン))

回線を切り替える

新しいSIMカードが届いたら「プラン変更(番号引き継ぎ)切替」という手続きを行なおう。これは要するに、従来のau回線から新たにドコモ回線に切り替える作業だ。

回線切替を当日中に完了させたい場合は、9時〜19時までの間に手続きを終わらせよう。ドコモ回線への切替は、19時以降に手続きすると翌日午前中にズレ込んじゃうよ。

ドコモ回線への切り替えは、だいたい1時間で終わる。

MNP転入切替/回線切替/プラン変更(番号引き継ぎ)切替

iPhoneにSIMカードをセットする

ドコモ回線への切替手続をしてから1時間ぐらい経ったら、iPhoneにのSIMカードスロットを引き出し、そこにmineoのSIMカードをセットしよう。iPhoneの電源はまだ入れないでね。

Wi-Fi環境でiPhoneの初期設定をする

今回は、iPhoneの初期設定と同時に、連絡先などのデータも移行したい。

データ移行は、アップル公式のAndroid向けアプリ「Move to iOS」で行なうんだけど、同アプリは、新旧両方のスマホとWi-Fi環境を必要とする。

なので、iPhoneの初期設定とデータ移行は必然的にWi-Fi環境で行なうことになるね。

iPhone、iPad、iPod touch を設定する

主なデータを移行する

連絡先やブックマークなどのデータは「Move to iOS」で移行しよう。

Move to iOSで移行できるデータ

  • 連絡先
  • カレンダー
  • ブラウザのブックマーク
  • カメラロール内の画像と動画
  • メールアカウント
  • SMSの履歴
  • インストールした無料アプリ
Move to iOS
Developer: Apple Inc.
Price: Free

Android から iPhone、iPad、iPod touch に移行する

開通テストをする

電話がちゃんと通じるかを確認するために開通テストをしよう。

iPhoneの電源を入れたら「電話」アプリを開き「111」(=mineo開通テスト用番号。通話料は無料)に電話しよう。自動音声応答の声が聞こえたら、回線切替手続は完了する。

パケット通信ができるようにする

mineoのパケット通信ができるようにするには、「プロファイル」という通信設定ファイルをiPhoneにインストールする必要がある。

プロファイルのインストールは、後々役立つ便利な「mineoスイッチ」というmineo公式アプリから簡単にインストールできる。

なので、先にmineoスイッチをインストールしてから、続けてプロファイルをインストールした方が効率がいい。

mineoスイッチ

auプランのSIMカードは返却不要

いろんなケースが考えられるけど、とにかくauプランのSIMカードが手元に残った場合は、mineoに返却する必要はない。

一方、ドコモプランのSIMカードが手元に残った場合は、mineoに返却する必要がある。その場合の送料は自己負担な。

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です