理想の製品がなかなか見つからないのでクルマ用Bluetoothリモコンをウォーキング用に買ってみた

shout-a-song
ウォーキングをしながら洋楽を聴くのが、オレの唯一の生き甲斐。

…てのは大げさだけど、歩きながらお気に入りの洋楽を聴くのが、かなり好きなことは確かだな。

スマホに入れた曲を、リモコンも何も付いてない超安物の有線イヤホンで聴いてるんだけど、曲の音量の上げ下げや、次の曲に飛ばす/前の曲に戻す、といったよくする操作の度にスマホをポケットから取り出すのは、色んな意味で鬱陶しいんだよね…。

スポンサーリンク

こんなふうにウォーキングがしたい!


オレの理想のスタイルは、この絵のような感じね。つまり、安物の有線イヤホンという今のスタイルは変えずに、何かワイヤレスリモコン的なガジェットを買い足すことで、現状を打破したい。

だったら黙ってリモコン付きイヤホンを買えよ!

と総ツッコミを喰らいそうだけど、それはヤなんだよね。

どんなイヤホンも必ず壊れる。イヤホンかリモコン、どっちかが壊れる度にまるごと買い換えるのはもったいなさすぎる。

オレはとにかく、イヤホンとリモコンを別々にしたいの!

高評価のBluetoothリモコン「BL-53」を買う


この手のリモコンに限らず、ありとあらゆる製品を検討したんだけど、ふと目に入ったのが、カシムラの「BL-53」というBluetoothリモコン。

本来はカー用品らしいんだけど、実はスマホでもまったく問題なく使える。各所のレビューを読む限りは使い勝手もよさげだし、オレが検討した時点では後継製品も出てなかった。てことで、BL-53に即決。

ヨドバシにてコミコミ2090円。送料無料。火曜日の午後に注文し、金曜日の午前に届いた。

ヨドバシゴールドポイントの充当や還元、さらにはLINE Payカードのポイント還元もあり、実質的には1729円と超安かったよ。

雑な開封の儀w

パッケージ正面


透明でペラペラのブリスターパックから取り出したところ。この手の製品は説明が難しいんだけど、要するにシンプルなBluetoothリモコンな。iPhoneでもAndroidでも使えるよ。

パッケージ背面


細かいことが気になる杉下右京のような人は、熟読しがいがあるw

パッケージ側面


車内で使うためのアイテムが複数付属してるんだけど、オレは車内で使う予定はない。できればリモコン本体だけが欲しかったな〜。もうちょっと安くww

パッケージから取り出したところ


スマートウォッチみたい。ダメ元で手首に巻いてみた。バンドの長さが足りず、あえなく撃沈。だろうな。本来は、クルマのハンドルに巻き付けるためのものだからね。

その背面

リモコン本体は取り外せる


オレが欲しかったのは、このリモコン本体だけ。簡単にベルトから取り外せる。大きさは、500円硬貨よりも一回り大きいぐらい。見た目はかなり小さいよ。

5個のボタンは独立してて、しっかりとしたクリック感がある。ポケットの中で、手探りで押す際にちょうどいい。

好きなストラップを付けられる


本来はクルマ向けの製品なのに、なんでストラップホール? と疑問に思うけど、ウォーキングに使いたいオレ的には嬉しい誤算。やっぱりこれ単体で使いたい人もいるんだろうな。

ちなみにこのストラップホールは、リモコンをポケットの中に入れておき、手探りで操作する際に唯一の目印となる。かなり貴重な存在。

スタンドのみだとこんな感じ


んー、どうしよう? これ使わない。これだけ「ヤフオク!」で売ろうかな?ww

意外と分かりやすい取扱説明書兼保証書


本体の保証期間は購入時のレシートに書いてある日から6カ月。短い?

使い道がよく分からないw ゴムシート

電源が入るようにする

BL-53は、市販のボタン電池「CR2032」1個で約3カ月(お約束の理論値な)動く。新品購入時は、あらかじめボタン電池がセットされてるので、電池は買わなくていい。初期設定だけしてあげよう。

裏蓋を指でスライドさせる


裏蓋を取り外すのに工具は一切不要。指で簡単にスライドできる。

ボタン電池を取り外す


ボタン電池を指でつまむようにして取り外すと、その下に白い円い紙が見える。

電池の下の白い紙を取り除く


この白い紙は絶縁シートなので、そっと取り出し、念のため保証書などと一緒に保管しとこう。将来的に、もしかしたらオークションに出品しないとも限らないのでw

最後に裏蓋を閉じ、ちゃんと閉まってることを確認しよう。これでリモコンの電源が入るようになったね。

スマホとペアリングする

スマホのリモコンとして使うには、Bluetoothでペアリングする必要がある。今回は、オレのメインスマホ「arrows M03」とペアリングしたんだけど、一発でスムーズにペアリングできたよ。かなりの好感触。

リモコンのセンターボタンを約6秒押し続ける


中央の「再生/一時停止」ボタンを約6秒長押しすると「+」ボタンとの隙間から見えるLEDが青く点滅し、ペアリングモードに切り替わる。ここから先はスマホでの操作な。

設定アプリの「Wi-Fi & Bluetooth」をタップする

「Search for devices」をタップする


スマホのBluetoothがオンになってることを確認し、続けて「Serach for devices」をタップする。

「BL-53」をタップする


しばらくして画面下の方に「BL-53」という名前が表示されたら、タップする。

「Connected」になればオーケー


BL-53が「Connected」(=接続済み)になればペアリングは成功した証拠だよ。

ちなみにBL-53は、Bluetoothマルチポイントに対応してない。なので、複数のスマホと同時に接続し、あっちも操作、こっちも操作、みたいなことはできない。

だけど、マルチペアリングには対応してる。例えば、今日はこっちのスマホ、明日はあっちのスマホ、みたいな使い方をしても、毎回ペアリングをする必要はない。スマホのBluetoothとリモコンの電源をともにオンにすれば、自然とつながる。便利だね。

マルチペアリングの最大台数は不明だけど、オレの手元では少なくとも2台の機器(=arrows M03とiPad)でマルチペアリングができました。

リモコンのLEDが消えたらペアリングは完了


再びリモコンを見て、隙間から見えてたLEDが消えてればペアリングは完了と思っていい。

BL-53はマウスやキーボード扱い!?


ちなみにBL-53は、Bluetooth的には「Input device」(=入力機器)という位置付けなんだね。取扱説明書をよく見たら、BL-53が対応するのはBluetoothの「HIDプロファイルのみ」と書いてある。HIDプロファイルは、マウスとかキーボードが使うヤツね。

あ、だからBL-53は、Bluetoothトランスミッターみたいな他のオーディオ系Bluetooth製品と併用できるのか!地味に面白いな。

今日からしばらく使ってみて、気付いたことがあったら更新しますね〜。

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です