パソコン不要!AndroidスマホだけでPebbleをサクッと日本語化する方法

pebble-2
何度も書いてるように、arrows M03とPebble 2の組み合わせを楽しんでる。

つか、そもそもPebble 2って日本語読めんの?

はい、この通りやればちゃんと読めます!

スポンサーリンク

日本語言語パックをダウンロードする

Pebbleを日本語化する方法はいくつかあるんだけど、今回は「あおしまの日記」で公開中の「日本語言語パック」をありがた〜く使わせていただくことにしましたよ。マジ感謝!

作者さんのブログで最新の日本語言語パックの記事を開く


日本語言語パックの作者である、あおしまさんのブログを開こう。

あおしまの日記

同ブログをスマホで開くと、記事のタイトルが一覧表示される。その中から「Pebbleの日本語言語パックを作ってみた」というタイトルで、しかも日付が一番新しい記事を探し出し、タップで開こう。

ダウンロードのリンクをタップする


ページを下にスクロールし「ダウンロード先」欄にあるリンクをタップする。

「ダウンロード」をタップする


Yahoo!ボックスの画面に切り替わるので、右下の「ダウンロード」をタップする。

たったこれだけで、日本語言語パックのダウンロードは終了だよ。

日本語言語パックをインストールする

ダウンロードしたファイルを開く


先ほどダウンロードしたファイルは、zip形式で圧縮されてる。zip圧縮ファイルを解凍できる任意のファイラで、このファイルを解凍しよう。

ちなみにオレの場合は「ファイルマネージャー」というアプリを、arrows M03にわざわざインストールしてzipファイルを解凍したんだけど、実はarrows M03標準搭載の「KSfilemanager」というアプリでも同様のことができるよ。

File Manager
File Manager
Price: Free

ダウンロードしたファイルは「Downloads」の中にあるので、同フォルダをタップして開く。

「akt08.zip」をタップする


「akt08.zip」というのが日本語言語パックなので、これをタップする。

「akt08en.pbl」→「EXTRACT」をタップする


すると、こんな感じでフォルダの内容を一覧表示できる。

最新の日本語言語パックのフォルダの中には、実はPebble用の2種類のファイルが入ってるんだよね。

「通知などの表記は日本語にしたいけど、メニュー表記はコンパクトで見やすい英語のままにしたい」場合は「akt08en.pbl」をタップしよう。

一方「通知もメニューもできる限り日本語にしたい」場合は「akt08jp.pbl」をタップするといいよ。

基本は日本語だが、メニューのみ英語にしたい→「akt08en.pbl」をタップ

すべて日本語にしたい→「akt08jp.pbl」をタップ

「Text」をタップする

「Open with Pebble」を選択する


「JUST ONCE」でも「ALWAYS」でもどちらをタップしても構わない。今回は「JUST ONCE」にした。

「OK」をタップする

日本語言語パックのインストールが終わるのを待つ


しばらくして「Installing」の画面が消えたら、日本語言語パックのインストールは完了した証拠だよ。途中でエラーになった場合は、再度始めから言語パックをインストールしてみてね。

日本語化できたことを確認する

日本語化する前は豆腐まみれだったけど…

日本語化した後はとても見やすい


日本語化後は、日本語が当たり前のようにバッチリと読めてるね!ありがとう!

日本語を選択した状態になってる


念のため、Pebbleアプリの設定画面を開き、言語設定を確認してみよう。

すると、言語の部分は「日本語」になってる。さらにこの項目をタップして開いてみると…。

やっぱり日本語を選択した状態になってる


で、さらにタップでこの項目を開いてみる…。

だけど言語一覧に日本語はなくて正解


さすがに、Pebbleの対応言語一覧の中には、日本語という文字は見当たらない。だけど、この状態で正解なので心配はいらないよ。

そもそもPebble 2は日本で使っていいの?


これについては後日、別記事にしますね〜。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!