この通りにやれば絶対ドツボにハマらない!AndroidでPebbleを初期設定する方法

pebble-2
オレは「Pebble 2」と「arrows M03」の組み合わせを楽しんでる。

Pebbleの初期設定ってイマイチアヤフヤだったので(オレだけ?)、Pebble 2を買ったこの機会にスッキリとまとめてみたよ。よかったら参考にしてね〜。

スポンサーリンク

Pebbleを約30分充電する


初期設定はバッテリを消費するので、ある程度充電しといた方が安心かと。手元のPebbleがどれぐらい充電してあるかにもよるけど、大体30分ぐらい充電しとけば安全なんじゃないかな?

オレの場合は、Pebbleを充電し始めたら、Pebbleの本当の初期画面が出て、二進も三進もいかなくなっちゃったんだけど、仕方がないので、しばらくこのままで充電したよ。

Pebbleアプリをスマホにインストールする


Pebbleアプリは、以下のリンクからインストールしよう。

Pebble
Price: Free

スマホのBluetoothをオンにする


スマホの設定画面→「Wi-FiとBluetooth」→「Bluetooth」のスイッチをオンにする。すでにスマホのBluetoothがオンになってる場合は、そのままでオーケー。

オレのスマホは、あえて英語表記にしてある。そこは軽くスルーして下さいw

Pebbleアプリを起動する


先ほどインストールしたPebbleアプリをタップして起動する。

Pebbleのアカウントでサインインする


Pebbleのアカウントを持ってない場合は「CREATE ACCOUNT」から新規作成してね。

音声入力用の言語を選択する


音声入力用だろうが、表示用だろうが、とにかくPebbleの言語設定に日本語はない。ここは「English (United States)」のままにして「CONTINUE」をタップしよう。

Pebbleとスマホをペアリングする

Pebbleの種類を選択する

表示されたPebbleの名前をタップする


Pebbleの画面に表示されてるのと同じ名前が、Pebbleアプリの画面にも表示される。例えば「Pebble 98GB」みたいなのな。これが見えたら、タップしよう。ボーッと眺めてるだけだと何も起きないので注意な。

Pebbleの上ボタンを押す


「ペアリングしますか?」的な画面がPebbleに表示されるので、迷わず上ボタンを押してペアリングをしよう。

その後、Pebbleの画面にハートのようなマークが表示されたらペアリングは完了だ。

もしもハートマークが表示されない場合は、ペアリングがうまくできてない可能性がある。その場合は、Pebbleとスマホの双方からBluetoothの設定内容を削除し、初めからやり直そう。

何と!まだ初期設定の途中で、当然、日本語化も何もしてないのに、Pebbleの画面には日本語で思いっきり「ペアリング」と書いてある!ペアリング画面は日本語対応済みということだな。

Pebbleのソフトウェアをアップデートする

ペアリングが完了すると、Pebbleアプリ側は自動的にソフトウェア・アップデートの画面に切り替わる。

もしも画面が切り替わらない場合は、ペアリングがうまくできてない可能性がある。その場合は、Pebbleとスマホの双方からBluetoothの設定内容を削除し、初めからやり直そう。

アップデートが終わるのを待つ


ソフトウェア・アップデートはしばらくかかるので、ジッと待とう。

アップデートが完了したら「CONTINUE」をタップする

心拍数を1日じゅう自動測定できるようにする

「CONTINUE」をタップする

ベルトは手首ギリギリに巻かない


ベルトは、手首ギリギリのところに着けるのではなく、手首の骨から指2本分のあたりに巻くと、心拍数を効果的に測定できるんだってさ。

Pebbleの表示言語を設定する

「SET LANGUAGE」をタップする


Pebbleは、初期設定終了後に自力で日本語化しない限り、日本語を表示できない。初期設定の段階では「English」のままで「SET LANGUAGE」をタップしよう。

「English」を必ずタップする


「English」の右隣に「レ」が付いてるけど、ここをタップしないと、次の画面に進まない。

言語設定が完了したら「DONE」をタップする

Pebbleでスマホの通知を受け取れるようにする

「OPEN SETTING SCREEN」をタップする

Pebbleのスイッチをタップする

「ALLOW」をタップする

Pebbleで睡眠と活動を記録できるようにする

「ENABLE」をタップする

「CONTINUE」をタップする


Pebbleは、持ち主がより健康的な生活を送れるよう、さまざまな提案してくれるんだとさ。しかも、持ち主のスケジュールに合わせてね。フーン。

オレはもっと運動したいし、もっと寝たいw ので、それらのスイッチもオンにしといたけど、別にそれはいらないやという場合は、単に「CONTINUE」をタップすればオーケー。

性別や体重などを選択または入力する


英語表記だけど、さほど難しくはない。身長(Height)と体重(Weight)の単位はそれぞれ、センチメートルとキログラムも選択できるけど、小数点以下は入力できない。そこはザックリな。

Pebbleの初期設定が完了する

「YOU ARE ALL SET!」が出たら「DONE」をタップする

Pebbleアプリのメイン画面に戻る


この画面が表示されたら、いよいよPebbleで遊べるよ。

念のため正しくペアリングできたことを確認する


Pebbleアプリ右上の「MENU」→「Settings」→「Bluetooth」にPebbleの名前が表示されてれば、正しくペアリングできてる証拠だよ。これで万事うまく設定できた。

さぁPebbleのある暮らしを楽しもう!

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です