これでもう単価を計算しなくて済む!銘菓「ひよ子」をコスパのいい順番に並べてみた

hiyoko
福岡に本社を持つ「株式会社ひよ子」と、東京の関係会社「株式会社東京ひよ子」が販売してる、あの「ひよ子」の単価を割り出してみた。

「ひよ子」と名の付く全商品はまとめ切れなかったけど、主な商品をコスパのいい順番に並べてあるので、よかったらお土産を買う際の参考にしてね!

スポンサーリンク

主に進物用の箱入り

35個

税込価格 3996円
1個あたり 約114.2円

28個

税込価格 3240円
1個あたり 約115.7円

14個

税込価格 1620円
1個あたり 約115.7円

23個

税込価格 2700円
1個あたり 約117.4円

11個

税込価格 1296円
1個あたり 約117.8円

18個

税込価格 2160円
1個あたり 120円

9個

税込価格 1080円
1個あたり 120円

5個(五角形箱)

税込価格 605円
1個あたり 121円

7個(丸箱)

税込価格 864円
約123.4円

7個(六角形箱・春夏秋冬)

税込価格 864円
1個あたり 約123.4円

6個

税込価格 756円
1個あたり 126円

7個(東京スカイツリー)

税込価格 918円
1個あたり 131.1円

主に自宅用のビニール袋入り

5個(ファミリーパック)

税込価格 540円
1個あたり 108円

進物なら14個入り、実家にはファミリーパック大人買い

ご進物にする場合のオススメは、14個入りまたは11個入り。ともに価格は1000円台と手頃で、コスパもいい。

「とにかく個数が必要」な場合は、3000円前後の商品を選ぶとコスパがいいよ。具体的には、23個、28個、35個入りの商品だね。

逆にあんまり買っちゃいけないのは、個数が一桁台の商品と18個入り。

個数が一桁台の商品は、パッケージのデザインに凝ってる商品が多いため、コスパが悪い。

また、18個入りの商品は、お土産の金額として出しやすい2000円前後を狙ってるため、実はコスパが悪くなるように価格を設定してある、ような印象を受ける。

1000円前後の予算のときに悩むのが、9個入りにするか11個入りにするかじゃない?

出費はかさむけど、どうせ買うなら11個入りの方がオススメ。コスパも高いし、個数も多い。

一方、親兄弟など実家へのお土産なら、5個入りのファミリーパックの一択で決まり。

実家へのお土産に14個入りを買おうとしてるのであれば、それは止めて、5個入りのファミリーパックを3袋買おう。

そうすれば、価格は14個入りと同じになるけど、全体の個数は5個×3袋=15個になるので、14個入りよりも1個多く食べられる!

残念ながらファミリーパックは、公式オンラインショップでは販売してない。店頭で見つけたらまとめ買いしよう!

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です