LINEお殿様がiPadに対応してたことに166日も経ってから気付いた話

line-for-ipad
オレの場合はiPhoneでLINE、iPadで「LINE for iPad」、MacでLINEという感じで、どの端末でも同じようにLINEのメッセージをやり取りできるようにしてあるんだけど…。

スポンサーリンク

ある日突然iPadでメッセージが読めなくなった


「Letter Sealing」がどうたらこうたら。ん? 最新のiOS版LINEをインストールしろ?

イヤイヤイヤ、インストールしてますけど、最新版を。

とボヤイても始まらないので、念のためApp Storeを確認してみることに。

いつの間にかiPhone版がiPadに対応してたっていうね


え? そーだったの?

この事実に気付いたのは2016年7月11日(月)。アップデートが同年1月27日(水)なので、LINEは実に166日も前にiPadに対応してたことになる。気付くのが遅すぎる?

つーかそもそも、ずーっとiPadでLINE for iPadを使ってる人は、そのことに気付くわけないじゃん。だってiPhone版LINEのアップデート通知はiPadに来ないんだから。何なのコレ?

気を取り直しiPadでiPhone版LINEをダウンロードする

LINEのアイコンをタップする


LINEのダウンロードが完了したら「LINE」の方を開く。LINE for iPadはムシというか、もう不要なので削除しちゃってかまわない。

LINEアカウントで「Login」する

iPadに表示された6桁の数字を見ながら…

iPhone版LINEに6桁の数字を入力すると…

iPadでも普通にメッセージが読める!


実は、LINE for iPadはキーボードがヘボくてスタンプがうまく送れなかったんだけど、LINEに変えたらスタンプをスムーズに送れるようになった。この点はLINEにしてよかった点。

我慢しながら使いますけど何か?

でもね、LINEをiPadで使う場合は残念なお知らせがある。

LINEと言えばやはりトークだけど、LINEをiPadで使う場合はトークの履歴は引き継げない。そこから先の履歴しか残らないので我慢我慢。

また、LINE NEWSの個別記事は依然としてiPadじゃ読めない。個別の記事を開こうとすると「このURLはiPadには対応してません」的なエラーが出る。

つーか、前提としてスマホを持ってないと、タブレットでLINEを使えないってことなのかね?

だとしたら、ガラケーとタブレットの2台持ちの人はさぞかし不便だろうな〜。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!