Google様のスマートフォンを探すで実際にiPhoneを探してみたらある意味泣けた

search-smapho-icon
Googleが提供を開始した「スマートフォンを探す」ってサービスは、Androidに加えiPhoneも探せるということで、各所で話題になってる。

天下のGoogle様の新サービスだぞ。しかも、ライバルのiPhoneにも対応してると来たもんだ。さぞかし素晴らしい完成度なんだろうな〜。

とワクワクしながら使ってみたんだけど、ぶっちゃけ裏切られた。うん、悪い意味でねw

まずはGoogleに「ログイン」する

「スマートフォンを探す」をクリックする


Googleにログインしたら「アカウント情報」の画面が開くので「スマートフォンを探す」をクリックする。

もしも同画面が表示されない場合は、右上の自分のアイコン→「アカウント」の順番にクリックし、同画面を開こう。

探したい端末をクリックする


特に何もしなくても、すでに同一のGoogleアカウントでログイン中のスマホやタブレットが一覧表示される。ここまでは、なかなかよくできてるww

一覧の中から、探したい端末をクリックしよう。

「スマホを探す」のトップ画面を眺める


これが「スマートフォンを探す」のトップ画面というかメインメニューだね。

基本的には「iPhoneを探してロック」から下の5個の機能が表示される。各項目をクリックすると詳しい内容が表示されるので、上から順番に実施していこう。

なお、一番上にある「不審な〜確認」という項目は、アカウントの利用状況よって表示されたり、されなかったり、だと思うので、スルーしてよし。

ま、せっかくなので、今回は機能を1個ずつをチェックしてみよう。

スポンサーリンク

iPhoneを探してロック


この項目に書いてあるのは、たったこれだけ。一瞬、面食らうけど要するに、

iPhoneを探してロックはiCloud.comでやってね


と…そういうこと。

これについては天下のGoogle様でも手も足も出ない…ってことなんだね。

オレはついうっかり、

iCloudを使わずにiPhoneのありかを探し出し、ロックまでできるのか!?

と喜んだけど、バカでした…。

スマートフォンに電話をかけてみる


何やらリンクが張ってある。まずは「コンタクト」をクリックしてみよう。

自分で自分の電話番号を調べるのは切ない


「コンタクト」をクリックするとGoogleの連絡先が開く。この中から自分の電話番号を検索し、

自分で自分に電話をかけろ。

ということらしい。ん? 何を使って電話をかけるのかな?

Googleの連絡先にたまたま自分の電話番号を登録してあったので、パソコンのブラウザーから電話番号をクリックしてみたら…。

まさかの通話料がかかる


いきなりGoogleハングアウトに切り替わり、自分の電話番号に発信する態勢に入った。

てか、通話料がかかるて!

というか、そもそもオレの場合は、Googleハングアウトと一般の電話番号の間で通話できるようにしてあるので、この機能が使えそうだけど、Googleハングアウトから一般の電話番号に発信できない日本国内の大多数の方々は、この機能は使えないよね? 意味なくね?

Googleハングアウトは本当に国内通話無料になったのか確かめてみた

スマホを拾ってくれた人をご招待?


仕方がないので、先ほどの「スマートフォンに電話をかけてみる」の画面で、今度は「ハングアウト」をクリックしてみる。すると、Googleハングアウトのトップ画面が開く。

右側の「通話」は、先ほどと同じ有料通話なのでパス。

その両隣の「ビデオハングアウト」と「メッセージ」は、招待した相手と交流するための機能なんだよね。自分に連絡するためには、自分を招待する必要がある。少なくともオレの場合はそうなった。

スマホをなくす前に、自分で自分を招待したことがある人はいいけど、オレみたいに、自分を招待したことがない場合は、どうすればいいんだろう?

自分のスマホを拾ってくれた人が、オレからの招待に素直に応じてくれる人だったらいいんだけど、そうじゃなかったら?

スマートフォンでログアウトする


唯一、まともに使えたのがこの機能w

すぐにログアウトされる…だけw


なくしたスマホでログイン中のすべてのGoogleサービスからワンタップでログアウトしてくれる。

携帯通信会社に連絡する


これはもう笑うしかないレベル。

要するにどうすればいいかというと、キャリアの連絡先を自分で調べるところから実際に連絡するところまで、すべて自力でどうにかしなさいということですww

最寄りの遺失物取扱所に連絡する


これはようやくまともな機能というか、ちょっとGoogleらしい機能w リンクをクリックすると…、

Googleマップで連絡先を確認できる


Googleマップに切り替わり、最寄りの遺失物取扱所の場所を表示してくれる。

気になるスポットをクリックすれば、こんな感じで電話番号や住所などの詳細を確認できる。

自力で調べるよりも少しは楽チン…ていうレベルかな?

iPhoneはやっぱりiCloud.comから探した方がいい


だって、iCloud.comを使えば、iPhoneのありかは地図で分かるし、iPhoneからでっかいサウンドを鳴らして周囲の人に気付いてもらうこともできるし、いざとなったらiPhoneの中身を消去することだってできるんだもん。比べものにならないよ。

スマホが見つかることを心から願うGoogle様


Googleの「スマートフォンを探す」の場合は、すべての項目を実施してもスマホが見つからなければ、もう諦めるしかないっていうねw

端末がまもなく見つかるように心から願っています。

って冷静に言われても困るしw

と、いろいろ書いたけど、これは悪口じゃないよ。あくまでも愛!Google愛!!

きっと数カ月後には、iCloud.comを凌ぐ素晴らしいサービスに成長してるんじゃないかな?

さすがに、Androidデバイスマネージャーみたいに、iPhoneも完璧に探せるようにしてくれとまでは言わないから、せめてiCloud.comよりもクールな機能を付けてよ、Google様!

Androidデバイスマネージャーを使って端末を探す

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です