格安SIMにしてLINEのID検索ができなくなったら黙ってこれをやれ!

LINE-icon
これまでキャリアのスマホを使ってた人が格安SIMに乗り換えるでしょ? そうするとキャリアによるLINEの年齢認証が行なえず、その結果、LINEのID検索ができなくなる。

つまり、友だちのIDを検索することも、友だちに自分のIDを検索してもらうこともできなくなるのな。

そうなったら以下の方法で回避すればオーケー。

今回は主にiPhoneでのやり方を紹介するけど、Androidでのやり方も基本的には同じなので、ご心配なく。

あと、メニュー表記が英語になってるけどスルーしてくれ^^;

スポンサーリンク

格安SIMにした人がやること

「LINE」を開く

LINE
Price: Free+

「…」タブ→「友だち追加」の順番にタップする

「招待」をタップする

「Email」をタップする


招待方法の選択画面が出る。SMSでもEmailでもどちらでもかまわないんだけど、今回はEmailを選択する。

どれでもいいので「招待」をタップする


連絡先の一覧が出るので、どれでもかまわないから右端の「招待」をタップする。

この操作は、実際にその人を招待するわけじゃなく、後述するLINEの自分専用URLを取り出すために必要なだけなので、まったく心配ないよ。

自分専用URLを友だちに伝える


招待メールが自動的に作成され、本文が表示される。

そしたら下の方へスクロールし、QRコードのすぐ上を見てね。

そこに書いてある「http://line.me/〜」のようなURLを先頭から末尾まで範囲選択し、さらにクリップボードに「コピー」しよう。

後は、今コピーしたURLをLINE以外の好きな方法で友だちに伝え、友だちに「友だち追加」をしてもらえばオーケー。そうすれば友だちとLINEでやり取りできるようになる。

オレは面倒臭がり屋なので、今回はこのまま、Androidを使ってる友だちにメールで送信してみる。

友だちがやること

LINEの招待メールを開く

本文内の「http://line.me/〜」をタップする

「LINE」をタップする


「実行方法」画面が開き、今タップしたリンクをどのアプリで開くかを訊かれるので、もちろんLINEをタップする。また今回は「今回のみ」を選択する。

「友だちリストに追加」すればチャットができる

自分専用URLはスマホにメモしとこう

先ほどコピーしたLINEのURLは自分専用のもので、同じLINEアカウントを使い続ける限り、URLも変わらない。なので、この自分専用URLは、スマホのメモとか自分の連絡先、あるいは変換辞書なんかに登録しとくと、後でまた別の友だちに「友だち追加」をしてもらう際にチマチマ調べる手間が省けて便利だよ〜。

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です