完全ノーマークだったけどコスパ最強なPebble 2を思わず予約したった

pebble-2
正直言ってPebbleを買い換えようとは思ってなかったんだけど、実は、手持ちのPebble Classicが、充電してもすぐにバッテリーがなくなるようになってきちゃって…。

まもなく登場するPebbleの新製品にまつわる5つのナゾを解明する(フリ)

そんな絶妙なタイミングで発表された新製品の動画を見てたら、

アプリを入れなくても心拍数や歩数や睡眠時間が分かるモノクロモデルのPebble 2が99ドル? コスパ最強じゃね?

ってなって、気付いたらポチッてましたw 予算もないのにww

スポンサーリンク

予約したのは99ドルのPebble 2


普通だったら、画面がひと回り大きくなって、しかもバッテリーが公称10日も持つ、カラー画面の「Pebble Time 2」を買うんだろうけど…、

コスパ重視のセコイオレは、モノクロ画面の安いPebbleに新製品が出たことじたいが嬉しくて、迷わずPebble 2を選択した次第です。色は5色あるんだけど、消去法で「Flame」→「Black」の順番かな?

かかった費用は1万円チョイ

費用の内訳

  • Pebble 2の特別価格 99ドル
  • 日本への送料 15ドル
  • 関税 ?円
    計 114ドル(1万1971円)

クレジットカードへの課金は、出資を締め切った2016年6月30日(木)付けでキッチリと行なわれた。

Pebble社に支払う金額は、1ドル=105円で換算し、ザックリ1万2000円。さらに関税がかかる見込みで、最終的な金額は1万3000円ぐらいになるんじゃないかな?

Pebble 2の通常価格は129ドルの予定なので、どうせ買うなら、いま予約した方が約24%ぐらいおトクな計算になる。出荷は2016年9月の見込みだな。

Pebble 2とかの予約はKickstaraterのプロジェクトページからどうぞ〜。全部英語だけど、難しくはない。

Pebble 2, Time 2 + All-New Pebble Core

考える猶予はあるので迷ったら予約しよう


実は今回の販売はKickstarterというサービスを利用していて、Amazonとか楽天みたいな通常のネット通販じゃない。「あくまでも新しいPebbleの資金調達に協力してくれた人へのお礼として、資金が目標金額に到達したら新製品を割安価格で提供します」という意味なんだよね。

で、この資金はクレジットカードで支払うんだけど、実際にクレジットカードに請求が行くのは、日本時間の2016年6月30日(木)午後2時00分。なので、もしも途中で気が変わったらそれまでに予約をキャンセルすればいいんだなと。オレは実際にキャンセルした経験があるので、イザとなっても不安はない。

むしろ1番人気のPebble Time 2のように、お目当ての機種が「All gone!」つまり早々と「売り切れ」になってしまったらどうしようもないので、気になる機種があったら、まずは早めに予約することを強くオススメします!

日本から買ったPebbleにも1年保証が付く


どうでもいい(?)けど、Pebble社は、日本から購入した製品に対しても1年間の保証を正式に付けてるのな。Pebble社の善意(?)で良品交換してもらった的な話はインターネット上にたくさん転がってるんだけど、そもそも日本での保証を記述した公式ページが存在してることに、ちょっとビックリした。

その後、Pebbleから具体的な連絡が来た!

Pebble 2のプロジェクトは今年9月の出荷に向けて着々と進んでるようです

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です