毎日3時間の歯磨きタイムから解放されたくて人生初の電動歯ブラシを買った話

teeth-brushing
手動で歯を磨くことに限界を感じたので、買いましたよ、電動歯ブラシ。

必死に歯磨きしたのに虫歯になったのでどうすれば虫歯にならないか真剣に考えてみた

スポンサーリンク

とにかく手動歯ブラシの呪縛から解放されたかった

格好よく言うと、

歯磨きの時間を短縮したかった

ってことなんだけど、本音を言うと、

何でもいいから1日も早く手動歯ブラシの呪縛から解放されたかった

って感じだな。

試行錯誤の末、オレの場合は時間さえかければ歯の表面がツルツルになるまで、手動で歯を磨けることは分かってきたんだよね。手でもそこそこしっかりと歯を磨けるっていうことな。

さらに、

歯ブラシを歯に正しく当てられるようになったら、手動だろうが電動だろうが、歯ブラシはどちらでもかまわない。

という担当歯科衛生士のお許しも出たので、電動歯ブラシの購入に踏み切れたというわけ。

手動歯ブラシの呪縛?

手動と電動、歯ブラシの違いによる、オレの歯磨き時間をご覧下さい。ドン引きしないでねw

手動歯ブラシの場合

1回あたり最大1時間

電動歯ブラシの場合

1回あたり最大3分

手動歯ブラシの場合は、1日3回磨いて最大3時間もかかる。オレの場合は、これぐらい時間をかけないと歯はツルツルにならないイコール隅々まで歯垢を落とせない。

一方、電動歯ブラシの場合は、1日3回磨いて最大9分。スゴイ!実に95%もの時間短縮!たったこれだけの時間で歯は、手動で1時間磨いたときと同じか、それ以上にツルツルになる。

想像してみてよ。毎回毎回1時間も歯を磨く苦痛を。しまいには食事するのすらブルーになるっていうね…。

しかも歯磨きは、寝転がりながらとかお風呂に入りながらじゃなく、鏡の前に立ち、歯の1本1本をしっかりと確認しながら大口を開けてガチで磨くんだよ? こんなやり方、これから死ぬまで続けられるわけないじゃん!

ね? オレにとって手動歯ブラシはやっぱり呪縛でしょww

人生初の電動歯ブラシはソニッケアー


スマホやパソコンと同じように「電動歯ブラシ界」にもいろんな信者がいるらしいけどw、オレはフィリップスの電動歯ブラシ「ソニッケアー イージークリーン HX6520/50」を買った。後継機種が出たためにすでに製造終了となったようで、Amazon.co.jpで5580円とお手頃だった。というか、これで1日3時間の手動歯磨きから解放されるのであれば安いもんだ。

フィリップスに確認したら、歯垢を落とす基本性能はどの機種でも同じとのことだったのでこのHX6520/50に決めた。実際に上位機種を使ってる方々の感想を見ると、気の利いた何とかモードなんて結局使わないので、エントリーモデルのHX6520/50の方がむしろシンプルでよい。

HX6520/50にはブラシが1本しか付属してないので、ついでに純正の替えブラシも買った。HX6520/50に付いてるのとまったく同じタイプの、フィリップスの電動歯ブラシ用替えブラシ「ソニッケアー プロリザルツ ブラシヘッド スタンダードタイプ4本組 HX6014/01」。同じくAmazonで2396円。高いな。というか、高く見えるな。

ブラシ交換の周期は公称3カ月なんだけど、実際は2.5カ月ぐらいで交換するものと想定すると、1カ月あたりのコストは250円。2カ月で交換するとしても300円になる。ちょっといい歯ブラシでも軽くこれぐらいはするので、替えブラシのコスト感は妥当なんじゃないかな?

とても参考になるサイト

デンタルRDY – 電動歯ブラシ研究ラボ

電動歯ブラシで虫歯にならないよう頑張ります

さっき生まれて初めて電動歯ブラシで歯を磨いたんだけど、慣れないせいか焦っちゃて、何度も磨き直した。おかげで歯の表面はツッルツル!奥歯の奥や歯茎のキワもヌルヌルしない。

最初は電動歯ブラシに半信半疑だったけど、歯磨きの質を落とさずに、本当に時間短縮できたわ。買った人は口を揃えて「もっと早く買っとけばよかった」と書いてるけど、マジ同感。買ってよかった。

もちろん、電動歯ブラシを使ってても、毛先が届いてない部分は歯垢が付いて虫歯になる可能性はある。なので、しばらく使ってみて、歯科衛生士に厳しくチェックしてもらおうっと。

あ、その前に、自分で歯垢を染め出してみて、電動歯ブラシでどこにどれぐらい磨き残しがあるかを確認しておかなくちゃな。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!