18カ月使ったiPhone 6 Plusがいくらで売れるか公式オンライン査定で調べてみた

iphone6-unboxed
約18カ月使った、ソフトバンク版のiPhone。これをアップルに買い取ってもらうとしたら、一体いくらになるのか?

例えば今のオレのように、

アップルでSIMフリーのiPhone SEを買う際に、手持ちのiPhone 6 Plusを下取って欲しい。できれば、iPhone SEの本体代金とiPhone 6 Plusの下取り金額の差額のみを支払うようにし、持ち出しはなるべく少なくしたい。

みたいに目論んでる場合は、オンライン買取はダメで、Apple Store店頭で下取りをしてもらうしかないんだよね。でも下取り査定のためだけに、わざわざApple Storeに出向くのは面倒臭いしな〜。

てなときは、アップル公式のオンライン査定を利用すればいいんじゃね? iPhoneの目安となる買取金額をチャチャッと調べられるよ〜。

スポンサーリンク

まずはiPhoneの製造番号をコピーする

ここで言う製造番号とは、IMEIのこと。

IMEIは、パソコンのiTunesにiPhoneをつないだ状態で、情報画面の「電話番号」の部分を2回クリックすると表示できる。この状態のまま、コマンド+Cキーまたはマウスの右クリックでIMEIをコピーしよう。

ちなみにオレは、シリアル番号などIMEI以外のコードでもいろいろと試してみたけど、ちゃんと認識してくれたのはIMEIだけだったよ。なので、初めからIMEIでやるのがオススメ。

また、iPhoneの設定アプリでもIMEIをコピーできるけど、ムダな半角スペースを3個ほど手動で削除しなきゃならないので、できることならパソコンでやった方が早いし、ラクだよ。

公式サイトで「下取りに出す」をクリックする


アップルのサイト内にある「下取りキャンペーン」のページを開き「お使いのiPhoneを〜下取りに出す」的なリンクをクリックする。

製造番号をペーストし「検索」をクリックする

質問に答え「次へ」をクリックする


iPhoneの色と容量を選択する。本体の状態に関する質問が6項目あるけど、どこにも異常がなければ全部「はい」にチェックを付ければオーケーだよ。

見積もり金額を確認する

2万円でSIMフリーのiPhone SEが手に入る?

なんと!状態のいいiPhone 6 Plusは、3万6000円という高値で下取りしてもらえそうなことが分かった。

もちろんこの金額は参考値にすぎない。過信すると落胆も大きいので、ほどほどに見ておきたいけど、ソフトバンク版のiPhone 6 Plusを本当にこの金額で買い取ってくれるとしたらジンワリと嬉しい。

Apple Store店頭でiPhone SEを買うとしたら結局いくら支払えばいいかと言うと、

iPhone SE本体代金5万2800円+消費税4224円-下取り金額3万6000円=2万1024円

Apple Storeまでの交通費はともかく、約2万円の持ち出しでSIMフリーのiPhone SEの新品が手に入るんだったら、けっこうおトクかもしれないな〜。

実は、あと6カ月ぐらいでソフトバンクから格安SIMに乗り換えなきゃいけないんだよな、どうしようかな? と悶々としてたオレにとっては、まさに渡りに船的な案件ですww

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です