ドメインを移管した1&1は本当に年111円なのか確認してみた

1and1-logo
国内のドメイン業者「みんなのドメイン」から、海外の「1&1」に乗り換えて、約1カ月が経過した。まぁまぁ大きな問題もなく、今のところは概ね順調に使えてる。

ドメインを移管する前は「1年間のドメイン維持費が111円ポッキリ!」と興奮してたんだけど、本当に111円で済んだのか? 確認しとこう。

【ドメイン移管】年111円と格安すぎる1&1の申込方法

スポンサーリンク

移管24日後に1&1から請求メールが来た


いろいろと書いてあるけど要するに、

ドメイン移管料金は1.17ドルで、明細は添付のPDFファイルを確認してくれ。3営業日以内に、選択済みのクレジットカードに請求するのでよろしくな。

って感じだね。時系列でまとめると、

2016年2月17日(水)みんなのドメインから1&1へのドメイン移管が完了
2016年3月12日(土)1&1から請求メールが届く
2016年3月15日(火)頃 クレジットカードに請求が行く予定
2016年3月21日(月・祝) クレジットカードの明細で請求金額を確認した

てな感じ。ここで分かったのは、1&1からの請求は、ドメイン移管時に発生するんじゃなくて、ドメイン移管完了から約1カ月後に発生するということ。

にしても、カスタマーサービス部長のセバスチャン、相変わらず笑顔だね〜。

ドメイン料金は1年分前払い


請求メールに添付してあるPDFファイルにもいろいろと書いてある。料金面をまとめると、

  • 2016年2月17日から2017年2月17日までのドメイン料金 15.17ドル(うちICANN手数料0.18ドル)
  • 特別割引 -14ドル
    計1.17ドル

てな感じ。請求金額は、請求メールの内容と合ってるし、契約時に表示された金額とも合致してる。この金額を1年分前払いするのも、業界の常識なので、まったく問題はない。

ちなみに、鋭い人はもう気付いてるかもしれない。そう。1&1は海外のサービスなので、日本で必要なアレが不要なんだよね。フフフ。

ドメインの有効期限と請求期間は異なる


請求書を見てて「アレ?」と思ったのが、ドメインの有効期限と1&1の請求期間が微妙に異なる点。

  • ドメインの有効期限 2016年3月11日(金)〜2017年3月10日(金)
  • 1&1の請求期間 2016年2月17日(水)〜2017年2月17日(金)

みんなのドメインとかだと、本来のドメイン有効期限である3月10日までに更新すればよかったので、この点は注意しといた方がよさそう。

次回、ドメインの有効期限を更新する際は、2017年2月17日(金)までに更新した方がいいのかも知れないね。

実際は年111円じゃなく年135円だった


1.17ドルって、実際は何円で請求されるのかな?

2016年3月21日(月・祝)にクレジットカードの明細を確認してみたところ、予定通り同3月15日(火)付けで1&1からの請求金額が記載してあった。

請求時点のドル円為替レートは115.816円。1&1の利用料金が年1.17ドルなので、

年1.17ドル×115.816円=約135円

となる。

3月15日前後のドル円為替レートは概ね113円〜114円なので、細かいことを言うとちょっと違うような気もするけど、だいたい合ってるってことでよしとするか。そもそもが安いしw

日本円での請求金額を1カ月あたりの金額に直すと、

年135円/12カ月=月11.25円

今後1年間はこの金額でドメインを運用できそう。

さて来年はどうしようかな?

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です