身体にフィットする仕立てスーツが1万7280円ポッキリ!都民共済で礼服を作ってみた

formal-suits
フツーに生きてる限り、冠婚葬祭は避けて通れないよね?

てことで、ケチなこのオレが、滅多に着ない礼服をサックリ作ってきたw

あ、上の画像はイメージですww

スポンサーリンク

どこで作ったの? いくらで?

  • 礼服を作ったところ 都民共済ブライダルプラザ
  • 価格 すべて込みで1万7280円
  • 所要時間 約20分
  • 生地 SRオールシーズン黒
  • 縫製場所 海外縫製

知る人ぞ知る「都民共済ブライダルプラザ」の「メンズスーツ」サービス。1人1人の身体を採寸し、体型にフィットするスーツを作れる、イージーオーダーサービスだな。

このサービスは、都民共済に加入してれば利用できる。加入してなきゃ利用できない。都民共済でスーツを作りたい場合は、すまんが、まず都民共済に加入してくれ。

礼服用の生地で一番安いパターンは、2016年に新登場したという、4シーズン着られる生地を海外で縫製した場合の1万6000円。採寸料から税金まですべて込みで2万円でお釣りが出る。迷わず発注だわな。

オプションは全部無料

  • フロント シングル2ボタン
  • バック ノーベント
  • 裏地 背抜き
  • パンツタック 1タック
  • 脇ポケット 斜め
  • パンツ裾口 シングル
  • ネーム入れ アルファベット筆記体で「T.Yamada」的な。

オプションで一番悩んだのは、背中の裏地を抜くかどうか。

店員さんによると、意外と汗をかきやすいのが背中とのこと。冬場は上に何か羽織ればいいけど、夏場は上着を脱ぐわけにもいかないので、今回は背抜きを選択しといた。

というか、そもそも礼服の場合はスーツと違って、細かい選択肢がほとんどないので、オレのようなスーツのド素人には逆に助かった。

支払い方法など

  • 支払い方法 基本的に現金のみ
  • 商品の受け取り方法 来店または宅配便
  • 代金を支払うタイミング 注文時/商品引取時/商品代引きのいずれか
  • 宅配便の送料 有料。ただし都民共済店舗の近隣地域に発送する場合は送料無料の場合があるとのこと。詳しくは都民共済店舗に問い合わせてみてね。

2月に海外縫製で注文するのは避けた方が無難

都民共済の場合は、スーツの縫製場所は国内と海外の2種類がある。

「海外」って中国のことね。

通常の納期は、国内が約3週間で、中国が約4週間なんだけど、2月に海外縫製で注文する場合は納期に気を付けよう。

中国の春節にかかると、納期が極端に遅くなる。

2016年の春節は長いらしく、納期は7週間もかかるってさ(T . T)

オレの場合は、受け取り日が3月26日(土)なんだけど、法事に間に合うかな^^;

これから都民共済でスーツを作る場合は、特に「海外縫製」で発注する場合は、毎年2月は避けた方が無難かもしれないね〜。

あと必要なのはシャツとネクタイだな。あれ? 靴は? 本当に何も持ってないなw

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です