初代PebbleでLINEの返信ができるか実際に試してみた

pebble-classic
どこかで見かけたんだよね、こんな質問を。

初代PebbleでLINEの返信はできますか?

実際に試してみたので、よければ参考にしてね〜。

スポンサーリンク

まずはAndroidで返信用の定型文を準備する

Pebble Timeアプリを開く

この画面を見てお気付きの方もいると思うけど、この技、つまり

「PebbleからLINEに返信する操作」ができるのは、今のところAndroidのみ。

iPhoneではできないので我慢しよう。

こんな感じで「Settings」をタップする

「Notification responses」をタップする

返信しそうな定型文を入力し「SAVE」をタップする


これで準備は完了。簡単ですな、ワハハハ。

実際に初代PebbleからLINEに返信してみる

LINEのメッセージが届いたら真ん中ボタンを押す

下ボタン→真ん中ボタンを押す


下ボタンで「返信」メニューを選択し、続けて真ん中ボタンで「返信」を開く。

真ん中ボタンを押し「Template」を開く

送りたいメッセージを選択し、真ん中ボタンで返信する


メッセージが長くても自動でスクロールしてくれ、メッセージの内容をプレビューしてから送信できるので、送り間違える心配はないよ。

ちなみに絵文字も送れるぜ


さっきの画面で「Template」ではなく「Emoji」 メニューを開くと、絵文字を選んで送れます。送れる絵文字の個数は、今のところ3列×7行=計21種類です。

LINEと言えばスタンプ(ちなみに英語ではStickersと言うのね)だけど、残念ながらPebbleからはLINEのスタンプは送れない。

チャット画面での見え方はこんな感じ

相手のLINE

自分のLINE

初代PebbleでもLINEに返信できた

どう? ちょっとした用事なら、初代Pebbleでもまったく問題なくLINEに返信できたね。日本語も通るし、初代Pebbleは激安だし、パッテリーの持ちはいいし。これで十分じゃね?

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です