ガラケーから格安SIMのiPhoneに乗り換えるプロジェクトが完了したので感想をまとめとくね

support

11月22日に、ずっとガラケーユーザーだった「H子さんとKちゃん」が、格安SIM「mineo」に乗り換えるプロジェクトが無事に終了しました。

同プロジェクトは10月15日に発足したので、約1カ月ちょっとでミッション・コンプリートしたことになりますな。

オレにとっては、初めての格安SIMへの乗り換えサポート体験だったので、今後のために感想をまとめておきます。

スポンサーリンク

初期設定は7時間!?

事前にできることはすべて準備し、最終的に回線を切り替える当日は、H子さんとKちゃん、スタッフ、オレの4名が一同に会し、ワイワイやりながら作業を行なった。

回線切替当日の作業時間は約7時間。

内訳は、初期設定が約4時間で、スマホの基本的な使い方教室が約3時間て感じ。

1つの作業で一番時間がかかったのは、iOS 9へのアップデートかな?

今回は「Googleフォト」アプリをインストールするために、その前提条件であるiOS 9へのアップデートが必要だったんだけど、恥ずかしながらこの作業工程をオレが見落としてた。

iOSのアップデートには、Wi-Fi環境で約30分ぐらいかかった。

次に時間がかかったのは、ソフトバンクからmineoへの回線切替。予想よりは早く済んだけど、それでも約20分待った。

回線切替と同じぐらい時間がかかったのが、電話帳の移行。

ガラケーの機種は「SoftBank 812SH」だったんだけど、電話帳を全件microSDカードに書き出す方法を調べるのに、ちょっとだけ手間取った。恥ずかしい…。

実はこれも、オレが事前にガラケーの機種を確認しておかなかったのが敗因。

これで余計な時間が計90分。残りの約2.5時間は、なんやかんやであっという間に過ぎていきました。

やはり、作業項目の洗い出しと作業方法の下調べは超重要ということを再認識したしだいです…。

うまくやってれば、初期設定を1時間は短縮できたはずなので、次回(?)からは初期設定はだいたい3時間ぐらいで終わるかな?

回線契約がらみは代理人NG

これは当然と言えば当然ですな。

実は、今回は契約者本人であるH子さんとKちゃんからの依頼で、一連の手続きは本人に代わって基本的にオレが行なった。

ところが、一連の手続きの中で以下の3つだけは本人しかできなかった。

  • MNP予約番号の発行
  • mineoのSIMカードの受け取り
  • 回線切替時の本人確認

H子さんとKちゃんは、この方面の手続きに詳しくないので、オレがサポートしてたんだけど、どうしても本人しかできない上記の3つだけは、ご本人に協力してもらいましたよ。

不通期間のない、おうちで回線切替がグッド

昨年、まったく別の知り合いが、auからIIJmioにMNPで乗り換えたときは、電話を使えない期間が4〜5日あって、正直、困った。

けど今回のmineoは、自宅(というか好きな場所で)でMNPにともなう回線切替が、自分たちの好きなタイミングで行なえたので、とても安心だった。

特に今回のように、知り合いが格安SIMに乗り換えるのをサポートする場合は、電話が使えない期間のある格安SIMはオススメしにくい。

これからも格安SIMにMNPする場合は、自宅で回線切替ができるサービスを選んだ方がいいなと思った。

1次サポート窓口として頑張りますw

という感じで、ガラケーからmineoへの乗り換えはひとまず完了したけど、これからいろんなトラブルが起こるかもしれない。

通信速度が遅い、iPhoneの調子が悪い、契約内容を変更したいなどなど。

H子さんとKちゃんには、何かあったらまずオレに連絡をもらうようにお願いしておいたので、オレはこれからもH子さんとKちゃんの1次サポート窓口として頑張りま〜すww

関連記事

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です