漢方スタイルクラブカードを退会するかどうかの損得勘定をしてみた

kampo-style

P-one Wizへの乗り換えが完了したので、そろそろ「KAMPO STYLE CLUB CARD(漢方スタイルクラブカード、以下、漢方スタイルカード)」を解約というか退会しようという局面。

漢方スタイルカードは、直近1年の獲得ポイントに応じて毎年2月にボーナスポイントがもらえる。オレの場合はいつ退会すればおトクなのか? 念のためにセコイ計算をしてみた。

スポンサーリンク

2015年度の「KAMPO STYLE CLUBポイント」獲得履歴

2015年2月から2016年1月までの間に獲得した(および獲得見込みの)「KAMPO STYLE CLUBポイント」は以下のような感じだよ。

2月 892ポイント
3月 245ポイント
4月 224ポイント
5月 630ポイント
6月 455ポイント
7月 175ポイント
8月 490ポイント
9月 350ポイント
10月 140ポイント
11月 0ポイント
12月 0ポイント
1月 0ポイント

計3601ポイント

2016年2月にもらえるボーナスポイント

予想では350ポイントもらえるはずだったけど…


残念なことに、2016年2月の獲得ポイントからはルールが改悪され、この図のようになる。なので、直近の年間獲得ポイントが3601ポイントのオレの場合は、来年2月になったら以下のボーナスポイントをもらえる見込みなんだよね。

350ポイント

さらに、手持ちのポイントが59ポイントあるので、合計すると以下のようになる。

計409ポイント

実際にもらえたのは250ポイント?


何でだろう? 試算結果というか公式の説明と合ってないw

ま、今回は、どの道ポイントを捨てちゃうので気にしないww

てことで、手持ちのポイントは以下のようになった。

計309ポイント

ポイントは何に交換するの?

もしも交換するとしたら、おそらく300ポイントを3000円分の「薬日本堂商品割引券」に交換すると思う。その他の交換商品は、オレにとってはほとんど無価値なので。

薬日本堂でしか使えない3000円分の割引券

ちなみにオレ、実は過去に手持ちのポイントを「薬日本堂商品割引券」に交換し、実際に薬日本堂の店舗で漢方的なお茶を購入した経験がある。

買ったお茶は健康によさそうで美味しいんだけど、あんまり飲んでないw お茶の価格はたしか1600円ぐらいだったかな?

そんな状況なので、仮に3000円分の割引券をもらったとしても宝の持ち腐れになりそうな予感がする。

2016年度の年会費

オレの場合は、年会費の請求は毎年4月になってる。

次回は2016年3月31日までにジャックスに連絡し、カードを解約というか退会すれば、2016年度分の年会費をかけずに解約できる。電話で2回、確認したので間違いないw

なので今回は、年会費の件はムシしてかまわない。

漢方スタイルカードを続けるとどれぐらいトクする?

プラス分 3000円
マイナス分 なし

差し引き 3000円のトク

3月中に漢方スタイルカードを退会します

結局、以下のような作戦で行こうと決めた。

しばらくはこのまま漢方スタイルカードを持ち続ける。

2016年2月にボーナスポイントをもらったら、それを「薬日本堂でしか使えない3000円分の割引券」に交換する。

約2週間後に「薬日本堂商品割引券」が届いたら、同年3月31日までに「薬日本堂商品割引券」で買い物をする。その際は、漢方スタイルカードを忘れずに持参する。

買い物が終わったら、漢方スタイルカードを解約する。

薬日本堂までの交通費や時間的労力はかかるけど、きっと何かのついでがあるだろうから、そんなに苦にならないしね。

最終的には、余った9ポイントを捨て、2016年3月31日までに漢方スタイルカードを退会することにしま〜す。

2016年2月6日(土)12時40分「薬日本堂商品割引券」への交換申込手続きが完了
2016年2月20日(土)9時11分 クロネコヤマト宅配便にて同割引券の受取が完了

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です