クレジットカード以外で支払える格安SIMをまとめてみたよ

sim-cards

クレジットカードを持ってない。

クレカで支払うなんてイヤだ。

格安SIMのために、わざわざクレカを作るなんて本末転倒だろが?

だよね〜。毎月の料金を、クレジットカード以外で支払えるMVNOというか格安SIMをまとめてみたよ。細かい部分でツッコミどころもあると思うけど、よかったら参考にしてね。

なお、SIMカードの種類は「データのみ」と「データ+音声」の2種類があるんだけど、この記事で対象にするのは「データ+音声」の方ね。

また、前提とする購入方法は「スマホ+SIM」のセット購入ではなく「SIMカードのみ」の単体購入なので、お間違えなく〜。

mineo

口座振替

ただし、eo光ネットを利用中で、さらに預金口座振替の支払い方法を選択している場合のみ。

OCN モバイル ONE

口座振替

ただし「OCN モバイル ONE SIMカード情報入力」画面での登録は行わずに、カスタマーズフロント「0120-506506」に電話し、口座振替で支払い希望と伝えること。カスタマーズフロントの受付時間は10時00分~19時00分。年末年始を除き年中無休。

ぷららモバイルLTE

  • 口座振替
  • NTT料金やぷらら光との合算支払い

BIGLOBE SIM

すでにBIGLOBEのインターネット接続サービスを利用中であれば、そちらに登録してある支払い方法で申し込める。

NifMo

すでに@niftyに登録してある支払い方法で申し込める。

楽天モバイル

デビットカード

ただし、楽天デビットカードとスルガ銀行デビットカードの2種類のみ。

スポンサーリンク

クレジットカードがないと申し込めない格安SIM

クレジットカードは1枚ぐらい作っておこう

今回調べてみて初めて知ったんだけど、コンビニ支払いができる格安SIMってないんだね〜。

またデビットカードは「表向きはデビットカードは使えないってなってるけど、実際にデビットカードで申し込んでみたら契約できた」的な話も散見するけど、ある日突然「デビットカードはもう使えません」と言われたらそれでおしまい。こういう契約事って、相手の求める条件を無難に満たしておいた方が、あとあとラクだし安心だよ。

とにかく、世の中「アレもヤダ、コレもヤダ」では、物事、前に進みまへんがな。

止むに止まれぬ事情で、どうしてもクレジットカードを作れないというのであれば仕方がないけど、単なる食わず嫌いでクレジットカードを1枚も持ってない人は、一般的に審査に通りやすいとされてる「楽天カード」でも作っておいた方が、この先、何かやりたいと思ったときに、何かと不自由しなくて済むと思いますが、どうでしょ?

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です