フリクションの替え芯を間違って買ったので改造して使ってみた

frixion-misstake

オレのうっかりミスで、手持ちのフリクションとは異なる型番の替え芯を購入しちゃったw

もちろん、そのままじゃ使えない。さて、どうする?

スポンサーリンク

プチ改造して使うことにした

返品も検討したけど、買ったのがLOHACOで。調べてみたら、自己都合での返品時は、返送料は自己負担だし、追跡方法のある宅急便などで送らなきゃならないし、Tポイントの付与がどうのこうのと、この「面倒臭いことが大好物な」オレをもってしても、返品手続きがとんでもなく面倒臭そうだったので、ならばそれよりはと、今回はどうにかして自力でこの「間違って買った替え芯」を使えるようにしたいと、ちょっと改造してみることにした。

新しい替え芯にテープを巻く

フリクションを分解し、もともとの芯(以下、旧芯)と先端の出っ張り具合を同じにするために、間違って買った替え芯(以下、新芯)の先の方にメンディングテープっぽいものを貼って調整する。テープを貼る位置は、新芯の黒い部分が隠れないぐらいにするとピッタリ。

バネを取り出す


オレの使ってるフリクション・ノックには、先端部にバネが入ってるので、これを取り出す。うまく取れない場合は、クリップなどを伸ばして使うといいよ。

新しい芯にバネをかぶせる

古い芯をふたつに切る


旧芯をハサミでふたつに切る。どこらへんで切るかは目測でw また、インクが残ってると手がベタベタするので注意してね。

パーツAをパーツBに差し込む


ただしこれだけだと、新芯の長さが足りないので、さらに以下のように細工します。

先端部を取り外す


先ほどのパーツCを持ち、こんな感じでふたつに分ける。ちょっとキツイけど、グリグリ回して力づくでやれば外れる。使うのはパーツEの方だよ。

パーツを順番にセットする


最後はパーツを組み上げるだけ。全体の所要時間は約10分。

完成!したけど…

文字はちゃんと書けるんだけどね。残念ながら先端部分が引っ込まないww これじゃぁフリクション「ノック」とは呼べないな^^; もっと器用な人なら、ノック機構を活かせるんだろうけど、オレはムリ。不器用だからw

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です