今度は脱獄じゃなくて乗っ取り?

iPod touchやiPhoneに勝手アプリをインストールする方法に「Jailbreak」がある。
てのはご存知だと思うケドモ!
それとは根本的に異なる方法が「iPhone Dev Team」によって着々と進行中だ!
それが「Pwnage」てゆープロジェクト(どう発音するかはよく分からんが…)。
「iPwner」と「IPSW Builder」とゆーソフトを準備している模様で、(まだよく理解できてないんだけど)Jailbreakとの最大の違いはおそらくこんな感じ。
ファームウェアのバージョンアップのたびにハッキング→環境を元に戻す作業をする必要がなくなる。
まず初めに一度だけiPwnerを実行して、受け入れ準備をしとく。
あとはファームウェアのバージョンアップのたびに、ハック済みのファームウェアをIPSW Builderで作成。
それをインストールする。
つまり、iPod touchやiPhoneをハックするのではなく、ハックしたファームウェアをインストールする。
って感じ。
ので、すでにiPod touchやiPhoneに入れてあるコンテンツもそのままで、ハックできるよーになる…てことのハズ(違ってたらスマン)。
夢のよーなハナシですナ。
「脱獄2.0」とゆーより、これはもー監獄ジャック、「乗っ取り」ッスナ!
エミュレーターとか、バックグラウンドで動くアプリとか、アップルの太鼓判が押されない心配のあるアプリを活かすためにも、ハックは進化し続ける…のかも。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!