Joe’sからスタードメインへの移管方法

transfer

「Joe’sクラウドコンピューティング」(以下、Joe’s。移管元)で取得した、eNomで管理中の.comドメインを「スタードメイン」に移管する流れをメモしておくね。

スポンサーリンク

WHOISを確認し、eNomで変更する

WHOISの変更は「eNomのドメインコントロールパネル」で行なう。詳しい変更方法は、Joe’sでドメインを取得した際にメールで受信した「ドメイン取得手続き完了のお知らせ」に書いてあるので、これを参照する。

同メールを紛失した場合は、Joe’sの「WEBサポートページ」にログインし、Joe’sからWHOISの変更方法を教えてもらう。ちなみに質問は「チケット発行」から行なう。費用はかからない。

Joe’sのWEBサポートページのアカウントを持ってない場合は、同ページの「Register」からアカウントを新規作成(無料)する。

「eNomのドメインコントロールパネル」にログインするためのIDとパスワードを忘れた場合は、ドメイン契約時に利用したメールアドレスをJoe’sに伝え、それらを教えてもらう。

eNomのドメインコントロールパネルにログインできたら、WHOISの「Registrant Email」(=ドメイン登録者連絡先)を確認する。

「Registrant Email」が、受信可能なメールアドレスかつ今回移管するドメイン(例えば、aaaaaaaaa.com)と異なるドメインのメールアドレス(例えば、bbb@ccc.jp)になってればそのままでオーケー。なってなければ正しい内容に変更する。

Joe’sでドメインを移管するは、すべてのWHOIS情報を所有者のものに変更する必要があった。なのでRegistrant Emailだけでなく、すべてのWHOIS情報を所有者のものに変更した。

Joe’sに移管ロック解除と認証鍵発行を依頼する

WHOISの変更が完了したら、Joe’sのWEBサポートページにログインし、今回移管するドメインのトランスファーロック解除と、移管先での申請時に必要な認証鍵の発行を依頼する。

依頼してしばらくするとJoe’sからメールが届き、ロック解除が完了したことを伝えられる。

さらにしばらく待つとeNomから英語のメールが届き、16桁の認証鍵を受け取れる。

これでJoe’sでの作業は完了。

スタードメインに移管申請をする

ここから先は、基本的に移管先のスタードメインでの作業となる。

まず、スタードメインを運営してるネットオウルのアカウントを持ってない場合は、同アカウントを新規作成する。

その後、ネットオウルアカウントでログインした状態で「決済情報」を登録する。

そして、クレジットカードなどでプリペイド残高をチャージをし、最後にドメインの移管申請をする。

スタードメインからの確認メールを承認する

移管申請から約2時間30分後にスタードメインから「【重要】xxxxxxxxxx.comのトランスファー申請に関するご案内」というタイトルのメールが届く。メール内のリンクを押してブラウザーに切り替え、移管を承認する。

Joe’sからの確認メールを5日間放置する

それから約5分後にJoe’sから「Domain Transfer Request for xxxxxxxxxx.com」というタイトルの英語のメールが届く。移管を承認する場合は「何もアクションをおこさずに」ひたすら待つのみ。5日が経過すると移管手続きが自動的に先に進む仕組みになってる。移管を拒否する場合だけリンクを押す仕組みなので、誤ってリンクを押さないように注意しよう。

スタードメインから移管完了のメールが届く

Joe’sからの確認メールが届いてから6日目に、スタードメインから「移管申請ドメイン移管完了のお知らせ」というタイトルのメールが届く。同メールに書かれてる移管ドメイン名と有効期限日が間違いないことを確認しておこう。

ドメインの移管はこれにて完了。ここから先の作業は必要に応じてやって下さいな。

ミニバードの2週間無料お試しに申し込む

今回はサーバーもJoe’sから移転するので、スタードメインと同じく、ネットオウルが運営しているレンタルサーバー「ミニバード」の2週間無料お試しサービスに申し込む。ミニバードの初期設定作業は、申し込みから約90分で完了する。

ミニバードの本契約に申し込む

実はミニバードの2週間無料お試しサービスには一部機能に制限があり、例えば独自ドメインのメールアドレスは追加できない。しかし今回は、独自ドメインのメールアドレスでメールの送受信をする必要があったため、お試しサービスの期間満了を待たずに本契約に申し込んだ。

DNSサーバーを変更する

移管したドメインのDNSサーバーを、Joe’sのものからスタードメインのものに変更する。

メールの設定をする

移管した独自ドメインのメールアドレスでメールの送受信を行なえるよう、ミニバードの「サーバー管理ツール」の「メールアドレス設定」にてメールアドレスを追加する。追加したメールアドレスで実際にメールを送受信するため、Macの「メール」で設定を行なう。

サイト転送の設定をする

今回は、移管したドメインを叩くと外部のサイトが表示されるようにしたいため、ミニバードの「サーバー管理ツール」→「サイト転送設定」にてサイト転送の設定を行なう。

以上です。お疲れさまでした!

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です