悲報!漢方スタイルクラブカードのポイント還元率が低下

wow-boy
ジャックスからお知らせハガキが届いた。ヤ〜な予感は的中し、現在オレがメインで使ってる「漢方スタイルクラブカード」のポイント還元率が2015年12月から低下するという…。

先日の「nanacoチャージ事件」に続き、何だか「他のクレジットカードに乗り換えろ」と言わんばかりのサービス改定が続き、気が重い。せっかく安定運用期に入ったのにな…。

漢方スタイルクラブカードのnanacoクレジットチャージが改悪

スポンサーリンク

ポイント還元率は1.75%から1.5%に急降下!?

フツーにお買い物をしたり、スマホの料金を支払ったりするともらえるポイントは、現在の2000円で7ポイントから、2000円で6ポイントに急降下(?)する。

これをポイント還元率にすると以下のようになる。

2015年11月まで
1.75%

2015年12月から
1.5%

て言われてもピンと来ない人のために、例を挙げて補足してみようかな。

例えば、同カードで年間100万円使っていた人の場合を考えてみる。2015年11月までは1万7500円相当が還元されていたけど、翌12月からはこれが1万5000円に下がる。これまでと同じようにカードを利用しても、これからは差し引き年間2500円も損することが確定した。

ちなみに、年間の利用金額に応じてもらえるボーナスポイントも一部低下。さらに、ポイント還元率が低下したことで、他のクレジットカードと比較する際の損益分岐点も変わってくると思われるので、このあたりはじっくりと再考してみる必要がありそうだね。面倒だけど…。

ところで、ポイント還元率って自力で計算できる?

クレジットカード会社の公式サイトなどで以下の情報を調べる。例えばこんな感じ。

  • 1000円のご利用で1ポイントを差し上げます。
  • 500ポイント貯まると2500円相当の商品券などと交換できます。

知りたいのは1ポイントの価値というか「クレジットカードでいくらお金を使ったら、いくらぐらいの価値を得られるか?」なので、以下のように計算すればよい。

1ポイントもらうのに1000円必要なので、500ポイントもらうには50万円かかる。

1000円x500ポイント=50万円

50万円使うと2500円相当が戻ってくることになるので、還元率は以下のようになる。

2500円/50万円x100=0.5%

ポイント還元率なんて自力で計算しなくても、ググればいくらでも出てくる。それはそう。

けど、こういう計算方法はブラックボックス化せずに、いつでも自力でできるようにしておいた方がイザというときに安心だし、応用も利くので、ぜひ身に付けておきたいものですな。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!