Twitterで使える生放送アプリを比べてみた

Twitterのアカウントで手軽に利用できる生放送アプリを比べてみたよ。

Periscope
対応プラットフォーム iPhone
視聴 アプリ
放送 アプリ
接続安定性 稀に不安定
横画面放送 できる
横画面のUI なし
放送予告 できない
チャット できる
ズーム できる
日本人の割合 10%〜20%ぐらい
保存した動画の画質 320×568ドット

Meerkat
対応プラットフォーム iPhone/iPad/Android(Androidは非公式アプリ)
視聴 アプリ/ブラウザー
放送 アプリ
接続安定性 常に不安定
横画面放送 できる
横画面のUI なし
放送予告 できる
チャット できる
ズーム できない
日本人の割合 ほぼゼロ
保存した動画の画質 360×640ドット

個人的には、シンプルで完成度の高いPeriscopeが好きなんだけど、事前にアプリを入れておかないと生放送を見られないのと、放送の予告ができないのがややサビしい。

MeerkatはiPad版もあって、放送予告もできるんのはいいんだけど、放送する側の接続が異様に不安定で、今のところ実用的とは言えない。

ツイキャスの放課後感が「アウェイだな〜」と感じるオレのようなオッサンは、今のところPeriscopeを入れておけばいいんじゃないかなと。

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です