製品レビューで気を付けている点

スマホなどの製品レビュー記事を書く際は、主に以下のような点に気を付けています。

記事全体の流れ

概要

位置付け

特徴

他の製品と比べてどうなのか?

バッテリーの持ち(とくに通信時や動画再生時)

通信速度(ファイルのダウンロードやストリーミング)

画質のよさ

とくに注意する点
●どのような外観を持つ製品か?
●実際触ってみないとわからないことを書く。例えば、ボタンの押しやすさや、スタイラスの取り出しやすさ、液晶の明るさ、筐体の質感など。
●従来機の機能を読者の大半が知らない、または従来からあってもとくに優れたものであれば繰り返し紹介する。
●メーカーオリジナルソフトに言及する。
●競合機種と比べ、とくに優れている点や劣っている点がある場合は、それに言及する。
●他社製品に比べ、どこがすぐれていて,どこに妥協があるか?

●どんなユーザーをターゲットにした製品なのか?
●その製品が、どんなユーザーにどのような理由でどうメリットがあるのか?
●「こんな使い方ができる」「こんなユーザーにとって便利」を具体的に伝える。
●新機能の搭載によってどんなことができるようになるのか? どんな便利な使い方ができるのか? をハッキリ書く。

ダメな例
●製品のセールスポイントのうち、明らかに重要な部分を語っていない。
●読者(コンシューマ)の方向性と異なっている。ビジネス専用なものは省く。
●説明が不足してよくわからない(利用シーンなどの具体的なイメージが湧かない)。

…みたいな点に気を付けて、みなさんもレビューを書いてみて下さいな。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!