やっぱり名義は大切ですなという実話

auのガラケーを買ったときの実話。

契約者の本名のヨミは「ヤマサキタロウ」。

便宜上、名前は仮名にします。すみません。

販売店のスタッフが、登録時にミスって、スマホの契約名義を「ヤマザキタロウ」にした。

で。

スマホの毎月の支払いをクレジットカードで行ないたい。

クレカの名義はもちろん本名の「ヤマサキタロウ」(TARO YAMASAKI)。

で。

「ヤマサキタロウ」(TARO YAMASAKI)名義のクレカで「ヤマザキタロウ」(TARO YAMAZAKI)の支払いを行なおうとするとどうなるか?

当然「このクレカは利用できません」ってなる。てか、なった。

まだ完璧な裏付けはないけど、クレカじたいは、今もちゃんと使えてるし。

他の原因は考えにくい。

どうやら先のスタッフの登録ミスがすべての元凶だった模様。

はぁ〜。

猛暑の中、auショップをたらい回しにされた挙げ句。

クレカ会社の手も煩わせ。

さらにクレカを悪用しようとしている悪者扱い。

迷惑料?

明日、auから事情確認とお詫びの入電がある予定なので、何か動きがあったらまたメモります。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!