Breezeの惜しいところ

実に惜しい。

「Breeze」という歩数計&活動量記録アプリがありまして。

かれこれ3週間ほど試しているんだけど。

デザインもいいし。コンセプトもいいし。使い勝手も悪くない。無料。

全体的に悪くない。

んだけど、いざ紹介しようと細かい部分までチェックすると、これがやや微妙。

使ってみて思うのは、このアプリがMovesよりも前に登場していれば…ということ。

Breezeのココが惜しい

・当日の歩数が1週間前よりも多いか少ないか、翌日にならないと確認できない。

・Movesと異なり、徒歩や自転車、電車、クルマなどの移動手段を自動的に認識できない。

・Movesと異なり、立ち寄ったお店などの場所は記録できない。

・歩数しか記録できない。消費カロリーや距離は表示されない。

・頻繁に通知される励ましのメッセージがすべて英語。

・移動ルートの記録がやや大雑把。

・バッテリーの減りはMovesと同程度。

・App Storeの説明に「iPhone 5に最適化」とあるが、実際はiPhone 5s専用。

・ご褒美(?)としてもらえるBreeze専用日替わり壁紙は、iOS7の視差効果にも対応し、キレイだが、歩数と関係しているのかどうか、イマイチナゾ。

約3週間撮り貯めたスクリーンショットはともかく、ログがもったいないな〜。

が、仕方がない。あきらめよう。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!