転送とPOPをやめてMXレコード変更にした経緯

そもそも。

Outlook.comで独自ドメインのメールを送受信する場合。

「なぜ単純なメール転送じゃダメなの?」

「POPでいいじゃん!」

て話もある。

実際、オレはそうしてやってきた。

んだけど、最終的にMXレコード(メール配送先)の変更にたどりついた経緯は以下のとおり。

・転送→メールがちゃんと届かない事故が起こりやすい。

・POP受信→メールが来るのが遅くてガマンできない。

・MXレコード(メール配送先)の変更→最初の設定にひと手間かかる程度で、転送やPOPのような心労がない。方法的にも、一番スジが通っていると言えば通っているもんね。

でもまだ運用し始めたばかりなので、どんな不都合があるか把握し切れていない。

何かあったらメモしますね。

スポンサーリンク

気になる記事はシェアしたり、あとでじっくり読めます!

当ブログの更新情報をいち早くキャッチできます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です