Tweetbot 3の退化点まとめ

初めに断っておくけど、好きだし、ずっと愛用しているよ「Tweetbot」。

でも残念ながら「Tweetbot 3」になってTweetbot 2から削られた機能が目立つ。

なので、以下気になる順にまとめておくね。

・タイムラインのおでこをタップし、リストに切り替えられなくなった。

・リスト表示からツイートができなくなった。

・ツイートの右スワイプで「会話」の一覧を表示できなくなった。

・「フォントサイズ」を変更できなくなった。

・プッシュ通知の非通知時間帯の設定項目がなくなった。

・プッシュ通知の設定から「リストに追加」と「リストのフォロー」の項目がなくなった。

・設定から「バックグラウンド投稿」と「トリプルタップ」がなくなった。

・「会話をメール」「会話をツイート」がなくなった。

・Tapbots製アプリにあるハズの通し番号がなくなった。

・「翻訳」機能がなくなった。

・ツイートにメモを追加できなくなった。

・「テキスト添付」サービスがなくなった。

・「新規ツイートバー」設定がなくなった。

アプリの買い直しが必要なうえ、「3」て付けるからには、どうしても現状維持プラスの進化を期待しちゃうよね。

スポンサーリンク

気になる記事はシェア!あとでじっくり読む!

お好きなブログリーダーで購読できます!